利用方法・機能について

  • Q.

    不正防止をしつつ、勤怠管理ができるものを探していますがお勧めはありますか?

  • A.

    不正打刻の防止には、指静脈認証打刻をお勧めしております。

    指静脈認証は、本人の指でしか打刻できないため、他人による打刻ができません。指内部の静脈を利用して認証するため、なりすましが極めて困難です。また、指静脈認証は、セキュリティも高く、銀行のATMなどで採用されています。
    本人確認のために指紋を利用する方法もございますが、指紋は指の表面にあるため、水仕事の後のふやけや乾燥肌など、皮膚の状態に左右されてしまいます。その点、指静脈の状態は皮膚の状態で左右されませんので、認証できないケースが極めて少なくなります。こういった理由から、ジョブカンでは指静脈認証を採用しています。

    ICカードによる打刻の方法でも、不正打刻をしにくくすることは可能です。運用方法でお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

その他の利用方法・機能について