050-3155-5640
10:00〜12:00、13:00〜17:00(土日祝除く)

よくある質問

勤怠管理とシフトを使うプランを契約した場合、勤怠管理とシフトは連動していますか?
はい、連動しています。

ジョブカンのシフト管理機能では、スタッフのシフト内容をジョブカン上に登録することができます。
シフトが登録されますと、スタッフの出勤状況はシフトに合わせて管理されます。

例えば、シフトが10時から12時に設定されていた場合、10時5分に出勤したスタッフは「遅刻」と記録されます。
また、その日に出勤しなかったスタッフは「欠勤」と記録されます。
このデータはそのまま取り出すこともできますので、スタッフがシフト通りに出勤したかをジョブカンで確かめることができます。
多くのスタッフが不定期な形でシフトを組むと、タイムカードなどで出退勤の確認をすることが難しくなりますが、ジョブカンでは簡単に一括管理ができます。
※こちらのページは、勤怠管理機能とシフト管理機能をご利用されるお客様への回答になります。あらかじめご了承ください。
急な採用の従業員でもすぐにシステムを利用出来ますか?
可能です。

管理者の方が、管理者画面からスタッフとして登録します。次に、各拠点のタイムレコーダーアプリからスタッフのICカード(指静脈認証打刻をする場合は指静脈)を登録すれば、すぐに打刻できるようになります。打刻方法も簡易ですので、説明もすぐに済みます。
また、携帯マイページもすぐに発行できるので、最初にスタッフ本人の携帯マイページを示しながら説明することができます。シフト作成にお使いいただくような場合、ジョブカンの携帯マイページをお使いいただく事が多くなります。こういった説明も実物を見ながら行っていただけます。
もし急な採用があってすぐに登録しなければならない場合でも、基本的な設定のみ登録すれば、内容は後から修正可能です。時給設定や休日設定・シフト設定などの細かい設定は後からして頂ければ大丈夫です。
INは15分、OUTは5分でまるめられますか?
可能です。

それぞれ、1,5,10,15,30,60分単位でまるめることができます。
「まるめ」とは、実際の打刻時間から出勤簿上の打刻時間に修正する機能です。打刻時間の記録をあらかじめ整えておくことで、給与計算を迅速に行う事ができます
この時、出勤打刻と退勤打刻を同じ時間でまるめるように設定する必要はございません。”出勤時間はある程度固定されているので15分単位で計算するように設定し、退出時間は業務に応じて変動することが多いので5分単位で計算する”というような設定も行う事ができます。その他、まるめを行うのに1日単位で行う(まるめはその日の勤務時間で限って行ってしまう)という設定から、まるめは1ヶ月単位で行う(1月の勤務時間を集計して、そこからまるめ設定の時間にまるめる)よう設定するなど、多様なまるめ設定をご利用になれます。お客様の運用ポリシーに合った運用をお選びいただけます。
シフト管理の流れを教えてください。
シフト管理は、【管理者】シフト募集→【スタッフ】シフト申請→【管理者】シフト承認という流れで行われます。

管理画面で「シフト作成」ページを開いてから「シフト募集」を選びます。この際、スタッフに向けたシフト募集メールを送信するように設定できます。
スタッフは、メールを見てマイページからシフト申請を出し、管理者が「シフト承認」画面から各スタッフのシフト申請を承認することでシフトを確定させます。

シフト申請を一覧で表示して承認作業をする際には、「パレットシフト」もしくは「ラインシフト」をお客様のシフト形態に合わせて使う事で効率的に行うことができます。
「パレットシフト」は事前にシフトパターン(早番・遅番など)を設定していただき、これに合わせてシフトを確定させます。
「ラインシフト」はスタッフごとの勤務時間が横にライン状になって表示されます。ここからスタッフごとにシフトを割り振っていくことで、シフトを確定させます。
管理できる休暇の内訳を教えてください。
ジョブカンでは、有休、振休、代休(それぞれ半休なども可)に加え、任意に30種の休暇をお客様にて作成することができます。
作成した休暇は、スタッフに使用させる休暇の選択肢に追加したり、ダウンロード項目に追加することができます。
社員やアルバイト等、雇用形態が違うスタッフを一元管理できますか?
可能です。

ジョブカンでは、雇用形態を事前に登録し、各スタッフに割り当てることで、管理画面内の各画面表示・データ抽出をする際に、特定のスタッフ種別での絞込みを行うことができます。
初期設定されているスタッフ種別は以下の通りです。
・パートタイマー
・アルバイト
・契約社員
・社員
・派遣社員

これらの他にスタッフ種別を登録したい場合は、
「各種設定」≫「スタッフ種別設定」の「スタッフ種別追加」ボタンから登録を行うことで追加でき、スタッフが選択できるようになります。

また、各スタッフ種別にそれぞれ決められた基本シフトがある場合、シフトパターン機能を利用すると簡単に設定できます。
「スタッフ登録」≫「よく使う基本シフトのパターン作成・編集」から一週間の基本シフト設定しておくだけで、スタッフ登録を行う際に「よく使うパターン」として選択でき、一括で基本シフトを組むことができます。
上司へ届出申請をした時、通知機能はありますか?
対応しております。

管理者(上司)が登録したメールアドレス宛に確認メールが自動的に送信されます。
管理者への通知機能は、以下のパターンがあります。
・出勤状況通知(遅刻、欠勤等をリアルタイムに通知)
・シフト申請通知
・休暇・残業申請通知
・上長へのメール通知(その他、緊急時のメール機能)

申請や状況を即座に確認することができる、大変便利な機能です。
以下のようにご活用いただけます。
例1)出勤状況通知をうけることで、管理画面から遅刻者の状況を確認し、今後の遅刻予防に活かすことができます。
例2)シフト申請通知によりシフトの調整をいち早く行い、すぐに確定シフトを作成して通知できます。申請結果の通知メールも各スタッフに送信されます。
例3)休暇と残業は承認者全員からの承認を得られないと認められず、迅速な対応を求められるので、通知を受けることで見落としを防ぎます。申請結果の通知メールも各スタッフに送信されます。
不正防止をしつつ、勤怠管理ができるものを探していますがお勧めはありますか?
不正打刻の防止には、指静脈認証打刻をお勧めしております。

指静脈認証は、本人の指でしか打刻できないため、他人による打刻ができません。指内部の静脈を利用して認証するため、なりすましが極めて困難です。また、指静脈認証は、セキュリティも高く、銀行のATMなどで採用されています。
本人確認のために指紋を利用する方法もございますが、指紋は指の表面にあるため、水仕事の後のふやけや乾燥肌など、皮膚の状態に左右されてしまいます。その点、指静脈の状態は皮膚の状態で左右されませんので、認証できないケースが極めて少なくなります。こういった理由から、ジョブカンでは指静脈認証を採用しています。

ICカードによる打刻の方法でも、不正打刻をしにくくすることは可能です。運用方法でお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。
打刻忘れや打刻間違いを簡単に見つけられますか?
可能です。

打刻を忘れて未退出のままになっていたり、勤務時間に対して休憩時間が少なかったりする勤務表を抽出することが可能です。その他、昼休みから帰った時に打刻を忘れたような場合、その後に出入りがあって打刻があったとしても、不自然に長い昼休みを抽出することができます。その他、入室忘れは遅刻・欠勤として表れるので、抽出して打刻忘れや打刻間違いを簡単に見つけることができます。
また、そのような勤務表になっている場合、自動的に本人に打刻修正依頼メールを送ることができ、修正依頼・確認などの手間が省けます。打刻修正依頼メールは、修正箇所も指摘して送付されるので、打刻忘れ・打刻間違いの指摘に効果的です。
この場合、打刻修正は管理者の承認を必要とする設定もできます。理由も付記するように運用すれば、打刻修正の原因も明らかになります。むやみに手動での修正をすることもなくなり、不正を防止できます。
部門長や店長が自身の管理する人のデータだけ編集するという設定に出来ますか?
可能です。
ジョブカンでは、管理者アカウントを複数発行することができます。この時、アカウントごとにどのデータへのアクセスができるかの権限を設定することが可能です。この時、例えば、本社の管理部門が全権限を持ったまま、部門長や店長が自身の管理する人のデータだけを編集できる設定にすることができます。この場合、シフトなどの管理は部門長・店長が行い、給与計算などに必要な機能を本社で使うといった使い分けが可能です。また、さらに管理者の人数を増やすことも可能です。
その他、休暇・残業申請に複数の管理者の承認を得るようにする設定も可能です。複数いる管理者のうち、1人の承認を得れば、休暇・残業が通るような設定もできます。また、複数いる管理者のうち、ある1人の承認を得たのちに別の1人の承認を得る事とする設定も可能です。
お客様の運用ポリシーに合わせた権限設定をしてご利用ください。
休憩打刻を1日に何回も出来ますか?
対応しております。
何度でも休憩打刻をすることが可能です。
細かい休憩(タバコ休憩・私用電話休憩・コンビニ休憩など)を、しっかりと記録できるので、人件費・残業代の抑制につながります。
また、労働時間をしっかりと管理することで、メリハリの付いた働き方をする事につながります。ダラダラと仕事をしてしまう事を防ぎ、仕事を効率的に仕上げます。出勤者が少なくなれば、残業時の光熱費なども削減できます。

※逆に、休憩打刻は不要にしてしまう「自動休憩」の設定を行うこともできます。この場合、一定以上の勤務時間になると自動的に休憩時間が差し引かれる設定になります。12時から13時にお昼休みを一斉にとる事業所などでご利用になると便利です。その他、シフトを設定する場合、シフト内部に休憩時間を組み込んでしまうことも可能です。例えば、9時から15時のシフト内部に、11時から12時の休憩をあらかじめ組み込んでおくような場合です。
時間単位での休暇は取得出来ますか?
対応しております。

時間単位の休暇・1日単位の休暇の他、半日単位の休暇を取得するよう設定することもできます。

休暇は1日単位のみで取れる勤怠ルールから、時間単位の休暇が取得可能な勤怠ルールまで、幅広い勤怠ルールに対応しております。さらに0.1日単位での休暇取得ルールにも対応しております。この際、休暇の設定でお客様の休暇取得ルールに合わせた設定をお決めいただければ、他の設定が出てきて迷う心配もありません。お客様の勤怠ルールに合わせた設定でお使いください。

また、休暇を取得するスタッフの方も、マイページから休暇を取得しようとするとマイページに説明が表示されるので、使い方に迷う心配もありません。書類を提出する必要もないので、会社に出向くことなく休暇の申請をすることができます。
もちろん、スタッフの方がマイページから休暇申請を行って休暇を取得するほか、管理者が管理画面から休暇を取得させることも可能です。時間休を取得しても、システム上で自動的に加算されるため、すぐにデータを参照できて大変便利です。
残業の多い従業員を効率よく把握できますか?
可能です。

管理者画面より、「所属部署」「雇用形態」「従業員名」それぞれの条件から現在の残業時間を確認することが出来ます。
また、○○時間以上勤務しているという条件でも検索が可能な為、スタッフが多い場合でも少人数に絞り込んで確認することが可能です。
また、従業員用のモバイル・PCマイページより勤務時間や残業時間の確認も行えます。
その為、従業員も残業時間をリアルタイムで把握する事が出来、過剰労働の抑制をより行いやすくなります。
1事業所内で一部の従業員はICカード打刻、他は指静脈打刻、といった併用は可能でしょうか?
対応しております。

打刻用の機器を複数設置いただければ、ご利用になれます。例えば、一定以上の幹部職員の方はマイページからの打刻を行い、その他のスタッフの方はICカード打刻を用いるという方法をとることもできます。
その他、本社オフィスではICカード打刻を行い、工場・店舗では指静脈認証を行うといったように、部門によって打刻方法を使い分ける方法もございます。
また、出勤時はICカード、退勤時は指静脈など1人が複数の方法を併用して打刻することも可能です。外回りの営業マンや研修を受けたスタッフの場合、朝オフィスに出勤した場合はICカード打刻、出先から直帰する場合はGPS打刻といった打刻方法をご利用いただけます。このように、すべての打刻方法(携帯電話によるGPS打刻等も含む)を併用してご利用いただけます。もちろん、外出の日は出勤・退勤ともGPS打刻を行い、内勤の日はICカード打刻を行うなど、日によって使い分けることもできます。勤務実態に応じた打刻方法をお使いください。
複数の営業所に不規則に出勤する人もいるのですが、対応は可能ですか?
対応しております。

新宿店に勤務している方が渋谷店にも出勤する場合、登録したICカードを利用して打刻するだけで出退勤の処理が可能です。この場合、あらかじめ新宿店や渋谷店などにグループ分けをしておくことで、新宿店・渋谷店での勤務を分けて集計することができます。
さらに、1日に複数回勤務することや、複数の営業所に勤務することも対応しております。その他、1日のうちに「新宿店に出勤して、勤務時間中に移動後、渋谷店で勤務してから退勤する」などの処理もすることができます。3事業所以上の拠点で勤務したことを処理することも可能です。また、日勤スタッフと夜勤スタッフが混在する場合にも、対応可能です。複雑な勤務スタイルのスタッフがいる場合は、ご相談ください。
その他、自動車の運転などの場合はGPS打刻を利用することもできます。勤務開始場所と勤務終了場所も合わせて記録できるため、業務記録と照合しやすく、勤怠管理を効果的に行うことができます。
タイムレコーダとして使うPCは、24時間稼働していないとならないのですか?
24時間稼働していなくても大丈夫です。
タイムレコーダとして使う時間帯だけ稼働している必要があります。
打刻はパソコンにインストールしたソフトウェアを利用して行うため、タイムレコーダーとして使う時間帯だけは稼働している必要があります。打刻以外にパソコンで作業する必要はないため、打刻用パソコンが常に稼働している必要はありません。打刻されたデータはジョブカンのサーバーに保管されるので、安心してご利用いただけます。
パソコンは、打刻専用機をご用意頂くことを推奨しております。他の作業をしていると打刻に使いにくくなってしまう点の他、他のソフトウェアが原因でフリーズ等のトラブルが起きた場合にジョブカンでの打刻まで影響が出るためです。ただし、これらの問題がなければ、他の業務に利用していただくことも可能です。必要な環境等で疑問がございましたら、お気軽にご相談ください。
タイムレコーダ(打刻機)として使うPCに台数制限はありますか?
台数制限はございません。
打刻機を使って出退勤を打刻する場合、PCに接続してご使用していただきます。この際、1台のPCに1台の打刻機をお使いいただくことになります。ジョブカンはご利用人数に応じて月額費用を決めさせていただいているので、台数を増やしていただいても、月額費用はかかりません。利便性に応じた設置台数をご検討ください。
カード・携帯を忘れた場合は、打刻できないのですか?
ICカード打刻の場合、ICカードを忘れると通常のICカード打刻はできません。
この場合でも、スタッフごとに用意されたマイページから手動打刻・打刻修正を行うことができます。手動打刻・打刻修正は管理者の承認を必要とすることも設定できます。修正時に、マイページから修正を行った理由も付記する形で運用すれば、手動打刻・打刻修正による混乱も起こりにくくなります。また、管理者による手動打刻・打刻修正も可能です。お客様の社内ルールにのっとった運用でご利用ください。
出退勤時刻の「まるめ」は、自動で行われますか?
自動で行うことが可能です。
「まるめ」とは、実際の打刻時間から出勤簿上の打刻時間に修正する機能です。例えば9:00からのシフトの場合、出勤打刻をしたのが8:55だとします。この場合、出勤簿上の打刻記録を9:00に修正するのが「まるめ」機能です。打刻時に「まるめ」を行うことで、給与計算のためのデータ管理を簡易に行うことができます。
たとえば以下の項目を1,5,10,15,30,60分でまるめることができます。

・出勤時刻のまるめ
・退勤時刻のまるめ
・労働時間のまるめ
・休憩時間のまるめ

なお、「まるめ」設定については、出勤打刻・退勤打刻の他、休憩時間の打刻など、様々な設定がございます。この設定を組み合わせていくと、かなり多くのパターンが作成可能です。お困りの際には、お客様の勤怠ルールの運用方法をサポート窓口までお教えください。適切な設定をご案内いたします。
記録された勤務(打刻)データは、どのように閲覧・集計するのですか?
WEBブラウザ(InternetExplorerやGoogle Chromeなど)で、ジョブカンの管理画面にアクセスしていただきます。
管理画面では、勤怠管理の基本設定、従業員の管理、シフト管理、勤怠管理が可能です。休暇の申請の管理などもジョブカン上で行うことができます。普段見ない情報は必要な時にどこか分からないという事が起こりがちですが、ジョブカンならデータを検索するだけですぐに管理できます。

勤務データは自動的に集計されますので、CSV・エクセル・PDFの形式にしてダウンロードすることも可能です。データをそのまま給与計算や労務管理などにお使いになることができます。また、支社の勤怠データを本社で閲覧することも可能です。即時に確認できるため、社内の勤怠管理を一括管理することができます。
管理者用の携帯電話管理画面も用意しておりますので、外出中もお店の状況が分かるようになっています。
どのようなデータをエクスポート可能ですか?
各スタッフの勤務実績(勤務時間・休憩時間・シフト外労働時間・残業時間・深夜勤務時間)を、CSV・エクセル・PDFの形式でダウンロードすることができます。
入力用・計算用・印刷用などの目的に従ってご利用ください。スタッフの総労働時間の他、ヘルプ勤務を行っているスタッフの勤務時間を店舗ごとに出力することも可能です。タイムカードと違ってすぐにデータをまとめる事ができるため、コスト管理に役立ちます。その他、残業時間の集計などもできますので、労務管理に役立てることもできます。勤務時間の集計を給与計算だけで終わらせることなく、お客様のビジネスをより良くするためにお役立て下さい。
もちろん、市販給与計算ソフトのデータ形式でも出力可能です。その他、お客様のご希望に合わせた形で出力することも可能です。細かな設定に合わせた出力方法もございます。
社外で働くスタッフの勤務実績をいつでも確認できますか?
対応しております。

モバイル端末から打刻ができる機能を備えております。事務所内で打刻できない場合でも外出先や自宅から打刻を行うことができます。打刻はすぐに管理者用の画面に反映されるため、リアルタイムに勤務状況を確認することが可能となっています。

営業職などの外出が多い方向けには、モバイルのGPS機能を利用した打刻にも対応しております。GPS機能を搭載した携帯端末を利用することにより、スタッフの位置情報を付加して打刻を行うことができるため、より正確な打刻を行うことができます。
在宅勤務者の方は、PC個人用ページをご利用頂くことも可能です。専用のアプリケーションを必要とせずに、Web上から打刻を行うことができます。
スタッフが自分の勤務状況を確認することができますか?
対応しております。

各スタッフには携帯電話のマイページが用意されており、そこから確認ができます。マイページにはどこからでもアクセスできるため、いつでも自分の勤務状況を確認できます。

そのほか、マイページでは、シフト申請・確認、打刻修正などを行うことができます。シフトが確定した場合は、確定したシフトもマイページから確認することができます。また、打刻修正の際には、管理者の承認を経て正式に修正が終わるとすることもできます。
さらに、勤務関連でスタッフに通知する事項がある場合、ジョブカンに登録されたメールアドレスにメールを送る事も可能です。打刻忘れ等があったとしても、アラートメールを送るようにする事で、スタッフがマイページから修正する事ができます。万が一スタッフに打刻忘れ等があっても、なるべく本人に気付いていただいて早めの対応を取っていただくことで、締め日前の作業量を削減することができます。
シフトの作成はできますか?
対応しております。

ジョブカンでは、紙を一切使わずにシフトの申請・作成・公開することができます。
スタッフは、携帯電話を使っていつでもどこでもシフト申請ができ、申請内容は管理画面上のシフト表に反映されるので、管理者は希望内容を見ながら微調整するだけで簡単にシフトが作成出来ます。さらに、スタッフは出来たばかりのシフト内容を携帯電話から確認することが出来るので、紙も時間も使わないシフト管理が可能です。なお、シフト表は印刷もできます。

シフトの作成方法は大きく分けて2種類あり、早番や遅番といった一日のシフトパターンが1パターンのシンプルなシフト作成ができる<パレットシフト>と、勤務場所が時間ごとに異なるような変則的なシフト作成にも対応可能な<ラインシフト>がございます。また、あらかじめスタッフ登録の際に時給を設定しておけば、シフト作成しながら1日あたりの人件費、労働時間を確認することができます。さらに、勤怠管理機能と合わせてご利用いただくことでシフト(予定)と打刻(実績)の予実管理も簡単に行えます。
給与の計算はできますか?
ジョブカンには給与計算を行う機能はありません。簡易な時給集計を行う機能はございますが、実際の給与計算業務、社会保険計算、年末調整等は市販給与計算ソフト等をご利用いただきます。
ただし、勤務データ等をCSVファイル等でエクスポートすることができるので、給与計算ソフトと簡単に連動することができます。その際、CSV出力する項目をあらかじめ決めて保存しておけば、次回以降はそのメニューを選んでCSV出力するだけで簡単にフォーマットに沿ったCSVファイルを作成することができます。
例えばアルバイトスタッフの給与を計算する場合、当月の総労働時間を算出することができますので、給与計算をすぐに行えます。この際、お客様の勤怠ルールに合わせて「まるめ」の設定をしていただけます(「まるめ」は実際の打刻時間を出勤簿上の打刻時間に修正する機能です)。それだけでなく、割増賃金を支払う時間外労働時間や、割増賃金を支払う深夜労働時間を算出するように設定することもできます。
連動対応している給与ソフトは、ありますか?
MFクラウド給与をはじめとした給与ソフトに対応しています。

ジョブカンは、MFクラウド給与などの、CSVを取り込める給与計算ソフトに対応可能です。勤怠データはあらかじめ集計されているため、CSVへの出力は随時行うことができます。CSV出力は、データのダウンロードページに接続し、ボタンをクリックするだけでできます。あらかじめ必要な項目を登録しておけば、その都度必要な項目を抽出する必要もありません。
給与計算のための集計作業の手間を大幅に削減するとともに、入力ミスなどの可能性もなくなり、業務の効率アップに貢献いたします。さらに、いつでも勤怠データを取り出せるため、今週の人件費を算出して先週の人件費と比較するといった事も可能です。
また、「まるめ」も設定可能です(「まるめ」は実際の打刻時間を出勤簿上の打刻時間に修正する機能です)。
サーバには誰でもアクセスできるのですか?アクセス制限はどのように行っていますか?
管理者権限がある人しかアクセスすることはできません。
ジョブカンの管理画面は、管理者用のID・パスワードを使ってアクセスしていただきます。ID・パスワードを知らない方は、管理者権限がないためにアクセスできません。
また、本社と支社でそれぞれ管理の必要がある場合など、複数の管理者アカウントを発行することもできます。本社は給与計算のためにジョブカンをお使いいただき、支社では勤怠管理にジョブカンをお使いいただくといった使用方法も可能です。この際、各アカウントごとに権限を設定することができます。例えば、休暇/申請管理機能は本社のアカウントでのみ使うようにできるといった設定をすることができ、誤操作を防止することができます。
なお、シフト作成や休暇申請など、スタッフの方にジョブカンで入力していただく場合、スタッフの個人用ページから入力していただくことができます。
24時間体制の勤務に対応出来ますか?
対応しております。
ジョブカンでは、25:00(翌1:00)、41:00(翌17:00)といった深夜0:00以降の時刻を管理できるようになっています。
1人の従業員が、ヘルプ勤務などで複数の店舗で打刻することは出来ますか?
対応しております。
ジョブカンでは店舗ごとの勤務時間を簡単に集計することができ、ヘルプ勤務の勤怠管理に効果的です。例えば、Aさんが通常は新宿店に勤務しているところ、渋谷店にヘルプ勤務をしたとします。この場合、Aさんの勤務データを、新宿店と渋谷店の別々に集計することができます。
さらに、午前にAさんが新宿店で出勤・退勤を行い、午後にまたAさんが渋谷店で出勤・退勤を行うといった利用が出来ます(もちろん、今日は新宿店、明日は渋谷店という勤務も可能です)。また、新宿店で出勤し、渋谷店で退勤するといった利用も可能となっています。この場合、あるスタッフが新宿店と渋谷店に登録されていれば、新宿店で出勤した時に出勤の打刻をして、渋谷店に移動後に再度出勤の打刻をし、退勤時に渋谷店で打刻をするという打刻方法を取ることができます。新宿店での勤務と移動時間が計算され、渋谷店での勤務と区別されます。
打刻はどのようにするのですか?
■ICカード打刻の場合
・パソコン+ICカードリーダの場合
パソコンにICカードリーダをUSB接続していただき、パソコンに打刻ソフトウェアをインストールしていただきます。
打刻用に設定したICカードをICカードリーダにかざすことにより打刻することができます。

・ICカード専用打刻機の場合
ICカード専用打刻機にACアダプタとLANケーブルをつないでいただくだけです。
打刻用に設定したICカードをICカード専用打刻機にかざすことにより打刻することができます。

■GPS打刻の場合
スタッフの方に対して個人用ページを発行します。打刻をするスタッフは、携帯電話から個人用ページにアクセスし、GPS機能を利用した打刻することができます。

■指静脈認証の場合
パソコンに指静脈認証機をUSB接続していただき、パソコンに打刻ソフトウェアをインストールしていただきます。
打刻用に設定した指を指静脈認証機にかざすことにより打刻することができます。
休憩の際も打刻をするのですか?
打刻により休憩時間を計算する事もできますし、自動で休憩時間を計算する事もできます。

■打刻により休憩時間を計算する場合
退出打刻を行い、再度入室打刻を行うことで休憩を計算します。
1日の間に何度でも打刻できるため、細かい休憩の管理も可能です。タバコ休憩や、私用の電話、コンビニ休憩など細かい休憩を管理することで、人件費・残業代の削減につながります。

■自動休憩を設定した場合
打刻の必要はありません。
例えば毎日1時間を自動休憩に設定したとします。この場合、出勤打刻と退勤打刻の時間から、自動的に1時間が休憩時間として設定され、労働時間から差し引かれます。このほか、6時間以上労働した場合は45分の休憩を自動で設定し、8時間以上労働した場合は1時間の休憩を自動で設定するようなやり方もできます。さらに、シフト勤務でシフトごとに休憩時間が異なる場合でも、シフトごとの設定をしておくことで、自動休憩の設定ができます。
労働時間を一括して集計でき、管理者の作業時間を削減することができます。

1分間で登録完了!
すぐに30日間の無料お試しが可能です。

メールアドレスと基本情報で簡単に登録ができます

お電話 お問い合わせ窓口
TEL. 050-3155-5640
10:00~12:00、13:00~17:00(土日祝除く)
メール お問い合わせ窓口
随時受付中