050-3155-5640
10:00〜12:00、13:00〜17:00(土日祝除く)

よくある質問

ICカードに社員情報等を事前に書き込む必要がありますか?
必要ありません。

ジョブカンは、FeliCaカードの固有のIDを読み取るだけでご利用になれるシステムです。
ジョブカンでは「IDM」と呼ばれるFeliCaカードに割り振られた番号のみを読み取って打刻します。それ以外の情報は読み取らないので、お客様が登録したデータをジョブカンで読み取ることはございません。通常、FeliCaカードに記録される内容は暗号化されているため、別のシステムからは読み取ることができなくなっています。同じく、おさいふケータイに記録された内容も、ジョブカンでは読み取りません。逆に、お客様がICカードに社員情報などを登録していても、それとは別にFeliCaカードをジョブカンで打刻にご利用いただけます。

また、ジョブカンでは、システム上に出退勤の記録を付けていきます。ICカード内部に記録を付けるのではないため、ICカード内部の情報を操作することはありません。
お客様やスタッフの方がお持ちのICカードは、安心してご利用になれます。
ICカード打刻の利点は何ですか?
タイムカード打刻と比較して、ICカード打刻には、下記のような利点があります。

(1)お持ちのケータイや、社員証(FeliCa対応)、Suica等のIC[系交通カード等等、自分の身の周りのものを、打刻機にかざすだけで、スムーズ且つ簡単に打刻が出来ます。
(2)タイムカードですと、自分のタイムカードを探して、打刻して、元の場所に戻す、といった流れが必要となり、出退勤時に頻繁に渋滞が発生してしまいます。ICカード打刻ですと、持っているカードをかざすだけなので、出退勤時に渋滞が発生しません。
(3)タイムカードは消耗品ですが、ICカードは非常に長く使用出来ます。その為、ランニングコストの削減にも繋がりますし、タイムカードを購入する手間も省けます。
(4)タイムカード打刻ですと、集計が手作業で行われる為、膨大な時間がかかってしまいます。ICカード打刻なら、集計が自動で行われデータとして抽出出来るので、大幅な時間短縮が期待出来ます。
社員の異動が多いので、ICカードを使いまわしたいが可能ですか?
可能です。

ジョブカンはICカードに登録された固有のIDを読み取って記録するシステムです。スタッフのICカードとして登録されたICカードは、混同を避けるために、他のスタッフのICカードとして重ねて登録することはできません。この点はご了承ください。

ただし、登録したICカードを一度変更したうえで、別のスタッフのICカードとして登録しなおすことはできます。この場合、別のスタッフのICカードとして使いまわすことができます。
お客様でご用意したICカードをスタッフの方に打刻用としてご利用いただくほか、オフィスのカードキーがFeliCaの場合にスタッフにカードキーで打刻していただくような場合、ICカードの使い回しをしていただく事がございます。その他、業務用の携帯電話がおさいふケータイの場合、同じような方法をお取りいただけます。

ICカードを登録する方法などについて疑問点がございましたら、お気軽にご相談ください。
指静脈認証打刻とはどういうものですか?
指静脈認証打刻は、指の静脈パターンを機器で読み取って打刻する方法です。 近年になって本人認証に採用が増えている、「生体認証」の一種です。生体認証は、その人だけが持つ身体の特徴で認証するやり方です。銀行のATMや重要処理を行うパソコンへのログインなど、本人確認が重要な場面で利用されています。 指静脈認証は、静脈パターンという体内の情報を元に認証を行うため、乾燥肌や指のふやけといった肌の状態に影響を受ける心配がありません。水仕事などをする事業所でも問題なくお使いいただけます。また、打刻に必要な物を持ってくる必要もないので、打刻用のカードを忘れて打刻できないといった事もありません。銀行のATMに採用されるなど、本人認証の手段として技術も確立されています。 さらに、静脈のパターンは1人1人異なっていて、成りすましは極めて困難です。確実に本人しか打刻することができないため、不正打刻の防止に効果的です。
GPS打刻とはどのようなものですか?
スタッフの方がお持ちの携帯電話・スマートフォンから、位置情報と共に打刻する機能です。
運送業・営業職・訪問介護といった、訪問・直行直帰が多い業種のお客様に適しています。直行直帰などの場合に、スタッフが位置情報の場所から打刻したと確認する事ができます。
携帯電話・スマートフォンに搭載してあるGPS機能を使います。キャリアが出した位置情報を元に、ジョブカンで位置情報を記録して打刻します。直行直帰の場合、タイムカードでの管理では、勤怠管理はスタッフの自己申告で行うことになります。GPS打刻を行うことで、スタッフが実際に移動したという記録を残す事ができます。

また、GPS打刻では常時監視を行うのではなく、打刻時のみに位置情報を記録するだけになります。スタッフの方の管理をただ強めるだけですと志気も下がりがちですが、適度な勤怠管理を行うことで社内ルールの徹底と志気の維持に努める事ができます。

※なお、GPS打刻は、携帯電話キャリア経由で位置情報を取得する機能となります。対応機種につきましては、各キャリア又は端末メーカーにお問合せ下さい。
ICカードはどのようなものを用意したらよいですか?
非接触ICカード技術方式「FeliCa」に対応したものであれば大丈夫です。

簡単に入手できるものとして、交通系ICカード
(Suica/ICOCA/PiTaPa/TOICA/PASMO/Kitaca/SUGOCA/PASPYなど)、Edyカード、おサイフケータイ、流通系ICカード(WAON,nanaco)があります。

電車で通勤するスタッフの方の場合、お手持ちのICカード定期券をそのまま打刻にご利用になれます。手軽に用意できるため、好評をいただいています。もしスタッフの方がお持ちでない場合は、Suicaの購入をお勧めしています。その他に、FeliCaカードを単体でご利用になることもできます。FeliCaカードをご利用して社員証を作っていただき、社員証を打刻用にお使いいただくような運用もできます。FeliCaカードを利用した既存の社員証などがある場合は、そのままお使いいただけます。
また、ICカードをお持ちでないお客様には、FeliCaカードの販売もしております。
打刻方法にはどのようなものがありますか?
ICカード打刻・GPS打刻の他、スタッフに発行されるPCマイページからの打刻も可能です。
お客様の勤怠管理の方法に合わせてお選びいただけます。

もっとも多くご利用いただいているのが、ICカード打刻です。FeliCaカードなら何でもご利用いただけます。スタッフのお持ちのICカード定期券やおさいふケータイをご利用いただけるため、手軽にお使いいただけます。
外出の多いスタッフには、GPS打刻をご利用いただけます。位置情報と共に打刻をする事ができます。
スタッフがPCを利用している場合、PCマイページからの打刻をご利用いただけます。ページ内のクリックで打刻を済ませる事ができます。

また、複数の打刻方法を混在させてのご利用も可能です。
例えば、外回りの営業スタッフはGPS打刻を行い、内勤の事務スタッフはICカード打刻を行うという運用をしていただくことができます。
すでに社員証・入退室用として発行したカードや、Edyカード等も利用できますか?
FeliCaカードを利用した、社員証・入退室用のカードであれば、ご利用いただけます。

また、お客様の運用方法にもよりますが、一部のスタッフはFeliCaカードを利用した社員証をお使いいただき、別のスタッフは交通用ICカード(Suicaなど)やおさいふケータイをお使いいただく事もできます。社員の方のみが社員証をお持ちの場合などにご検討ください。さらに、ICカード打刻とその他の打刻方法を組み合わせてご利用になることもできます。出勤時はオフィスでICカード打刻をし、外出から直帰する場合には携帯電話からGPS打刻で退勤処理をすることも可能です。

FeliCaカードの中にデータを書き込んだりはせず、データの記録はジョブカン上で行われます。カードに記録されたデータを書き換えることはありませんので、既存のカードに影響はありません。安心してご利用になれます。

1分間で登録完了!
すぐに30日間の無料お試しが可能です。

メールアドレスと基本情報で簡単に登録ができます

お電話 お問い合わせ窓口
TEL. 050-3155-5640
10:00~12:00、13:00~17:00(土日祝除く)
メール お問い合わせ窓口
随時受付中