導入事例

「設定の細かさ・給与システムとの親和性」が導入の決め手に

株式会社Wiz

会社URL
https://012grp.co.jp/
担当者名
大場千恵子様
  • 1001名以上
  • インターネット関連サービス

ITの総合商社としてヒトと企業の課題を解決することを理念に、デジタルトランスフォーメーションを推進するべく160を超える商材を取り扱っています。設立当初からの事業であるITインフラに加え、企業へIoT・ICT商材を合わせたご案内や、ポケットWiFiのレンタルなどカスタマー向けにもサービス展開をしています。

課題

  • 会社外での打刻ができなかった
  • 給与明細の印刷や郵送に工数が多くかかっていた

決め手

  • 他社より設定が細かくできること
  • 給与計算システムとの親和性が高いこと

効果

  • 一目で出退勤状況を把握することができるようになった
  • 従業員の不必要な出勤がなくなった

約1000人の給与明細を印刷・郵送しており課題意識を持っていた

「ジョブカン」導入前の勤怠管理方法を教えてください。

弊社独自のシステムを使っていました。会社でしか打刻ができず、外出やテレワーク対応においては不便でした。

続けて、「ジョブカン」導入前の給与計算方法を教えてください。

元々1000人くらいの規模の源泉徴収票や給与明細を紙で配布していました。印刷費用や郵送費も多くかかる状況でした。

ジョブカン勤怠管理と給与計算の親和性が高いことが導入の決め手に

「ジョブカン」を導入した決め手を教えてください。

2点あります。1点目は、設定の細かさです。弊社は、シフトが複雑・承認が必要なうえ、有給休暇取得のワークフローや承認フローもさまざまなので、そういった設定を全て細かく設定ができることが決め手でした。2点目は、給与計算システムとの連携ですね。どこのシステムも機能自体に大きな違いはないと思います。しかし勤怠と一緒に使いたいという考えがあったので、これら2システムの親和性が決め手になりましたね。

設定はスムーズにできましたか?

どんなシステムも初期設定はある程度大変だと思います。ジョブカンについては、そこを乗り越えれば追加・削除といったちょっとした修正はそこまでの手間はかからなかった印象です。

欲しい勤怠情報がいつでも簡単に収集できるようになった

管理者側の導入効果があれば教えてください。

連絡時ですね。ジョブカンで見れば出退勤情報が見れるので、「今日この人出勤してるのかな」と、わざわざ問い合わせなくてもわかるようになりました。GPS打刻機能も便利ですね。どこで仕事しているのかが一目で分かるので、連絡がスムーズになりました。

従業員側で、便利になったと声があがっている場面などございますか?

弊社の従業員は、お子様を保育園に預けているお父さんお母さんが多いんです。なので、給与明細や勤怠状況を提出しなきゃいけない、源泉とか確定申告をしなきゃいけないという時に、都度私達に依頼がきて紙で出していました。ジョブカン導入後は各自がその場で申請・対応でき、すごく便利になったという話はよく聞きます。

1分間で登録完了!
すぐに30日間の無料お試しが可能です。

メールアドレスと基本情報で簡単に登録ができます