導入事例

ワンクリックで勤怠・労務・給与情報を相互同期できるジョブカン

株式会社GRIVE

会社URL
http://grive-co.jp/
  • 101~300名
  • 人材関連サービス

通信業界に特化した人材派遣業。全国6拠点で事業を展開。

課題

  • 使用していた各サービスの連携が弱く入力作業などが二度手間だった
  • 従業員情報を確認する際は、各システムに逐一ログインする必要があった

決め手

  • 勤怠・労務・給与が連携しているのはジョブカンだけだった
  • 本社から離れた場所で働く従業員との情報共有が楽になると感じた

効果

  • 勤怠・労務・給与の情報をワンクリックで相互同期できる
  • 入社から退社までの労務手続きをワンストップで実施できる
  • WEB給与明細により印刷と郵送の手間を削減

全国6拠点で人材派遣業を行う株式会社GRIVE様。これまでも勤怠・労務・給与のクラウドシステムをご利用でしたが、各サービスの連携が弱く、手間やミスが発生する点が課題でした。ジョブカンに乗り換え、特に勤怠・労務・給与のサービス連携機能をご活用いただいている事例です。

勤怠管理と労務管理だけでなく、給与計算とも連携していたためジョブカンを導入

『ジョブカン』導入前はどのような課題感がありましたか。

勤怠管理・労務管理・給与計算は全て違うシステムを使用していました。各サービスの連携が弱く、一つの更新情報を複数のシステムに入力する必要があったため、ミスが発生しやすかったです。また、従業員情報などを確認する際は、各システムにログインしなければならず、データを集めるのが手間でした。

『ジョブカン』にした決め手はなんですか。

展示会で初めてジョブカンを知り、その後4~5社比較しました。労務管理システムと勤怠管理システムが連携しているサービスはいくつかありましたが、給与計算システムまで連携しているサービスはジョブカンだけでしたので、導入を決めました。
中でも労務管理は、申請書をシステム上で作成できる点が魅力でした。
また、エリア責任者など本社から離れた場所で働く従業員との情報共有も楽になると感じました。

導入から運用まで約半年。「テスト期間」を設けて従業員への浸透を図る

導入からどれくらいで運用開始しましたか?

まずは労務管理を導入し、その後勤怠管理、給与計算、採用管理の順で進めていきました。
手の空いた時間に設定を行ったため、導入から運用までは半年ほどかかったと思います。
従業員には、以前のサービスとジョブカンを並行して利用してもらう「テスト期間」を作りました。もともとクラウドシステムを使っていましたので、システムが新しくなることについて大きな混乱は無かったと思います。
労務情報は管理部で入力し、誤りがないか本人に確認してもらいました。以前使用していた労務管理システムにはなかった写真登録機能が便利だなと感じましたね。

ワンクリックで勤怠・労務・給与の情報を相互移行できる点がジョブカンの特徴

導入後のご状況を聞かせてください。

いままで同じ業務にかかっていた時間を20~30%削減できたと思います。
労務は、入社から退社までの手続きがワンストップでできるようになりました。これまで保険などの申請書はエクセルで作成していましたが、ジョブカンは各種様式を簡単に出力できるので、申請書作成が楽になりました。
住所や扶養の変更も各従業員にシステムから実施してもらっています。
今年は年末調整機能も使用しました。去年までは毎年、各拠点と年末調整書類を郵送でやり取りしていたのですが、システム化したことでその必要もなくなりましたね。
弊社独自の使い方として、従業員との面談の際は、ジョブカン労務管理で従業員情報を開くことにしています。部署や拠点異動が複雑な従業員も多いため、「今どこでどのような仕事をしているか」を一目で確認できるのは助かります。

給料計算は、紙明細からWEB明細に変わったことで印刷と郵送の手間が減りましたよ。

また、勤怠管理・労務管理・給与計算がデータ連携している利点も多いと感じます。労務管理内の従業員情報はワンクリックで勤怠管理に反映できますし、勤怠管理で集計した勤怠情報もボタン一つで給与計算に移行できます。これまで、労務管理ソフトを開きながら給与計算ソフトに従業員情報を手入力していたので、簡単に各サービスを連携させられるのはありがたいですね。

ありがとうございました。

1分間で登録完了!
すぐに30日間の無料お試しが可能です。

メールアドレスと基本情報で簡単に登録ができます