導入事例

AI inside 株式会社

ジョブカンの導入が、決裁規定や権限を整備したり、社内ルールを作る機会になりました

AI inside 株式会社 会社URL: https://inside.ai/

AIの推論・学習プラットフォームの研究開発および、自社開発の「手書き文字認識AI」を搭載したSaaS型AI-OCR「DX Suite」の開発、販売、サポートを行っています。DX Suite の展開を加速させより多くのお客様の業務効率化をサポートすると同時に、AIを幅広い企業様にご活用いただくためのビジネスを展開。AIが各社様にとって身近になり、豊かな未来社会に貢献することを目指しております。

Before

導入前の課題

1

タイムカードで打刻していたため残業などの管理を厳密にできていなかった

2

お客様情報を扱うサービスを開発提供しているため内部統制を強化したかった

After

導入後の効果

1

勤怠情報をレポーティングしマネジメント層に共有することで各社員の残業時間を管理できるようになった

2

決裁の規定や権限を整備したり、社内ルールを作る機会になった

「コスト管理がわかりやすく、また、問い合わせ対応が最も良かったためジョブカンの導入を決めました」

―『ジョブカン』導入前はどのような課題感がありましたか。

打刻はタイムカードで実施していました。残業などをしっかり管理できているとは言えなかったと思います。稟議申請も紙運用で、社長に押印してもらっていました。当時は社員も少なかったので、紙で運用しきれない部分をコミュニケーションで補っていましたね。
自社ではAI-OCR(印刷物や手書きの文字を光で読み取り、テキストデータに変換する仕組み)を開発しており、お客様情報の取扱をしているため、内部統制を強化する必要がありました。また、将来的に考えているIPOに向けて早めに対策したいという方針から、導入検討を始めました。

―『ジョブカン』にした決め手はなんですか。

複数サービスを比較しましたが、機能よりも導入までのスピードと価格を重視していました。その中でジョブカンはアカウント課金のためコスト管理がわかりやすく、自社のニーズに合致していました。また、問い合わせ対応も最も良かったです。

「ジョブカンの導入が、決裁規定や権限を整備したり、社内ルールを作るいいきっかけになったと思います。」

―導入時のハードルはありましたか。

シンプルで設定も非常に簡単で、わからないことがあっても早くレスポンスを頂けたので特段大きな混乱はなく導入できました。システム導入よりも、社内規定等の整備に時間をかけていましたね。

―導入後のご状況を聞かせてください。

ジョブカンの導入が、決裁規定や権限を整備したり、社内ルールを作るいいきっかけになったと思います。
現在の取り組みとしては、36協定を守るために、ダウンロードした勤怠情報をレポートツールで可視化し、マネジメント層に共有することで残業時間を通知しています。また、業務効率化の面でも大きな効果がありました。給与計算業務においては導入前と比較して7~8割業務時間が削減しましたし、稟議も紙からシステムにすることで申請者・承認者双方の効率化を実現できました。
今後は、他システムとの連携を強化させ社内統制はもちろんのこと、更に業務効率化も図っていきたいと思います。
現時点で考えていることとしては、AI-OCR、RPA(ロボットによる業務の自動化システム)、ジョブカンワークフローの3つのソリューションを組み合わせた、業務の自動化です。例えば、お客様から届いた紙の申込書の内容を、毎回ジョブカンワークフローに手入力しています。これを、スキャン→AI-OCRで読み取り→RPAでジョブカンワークフローに連携、とすると申請業務全体が自動化でき、より効率的に働けると考えています。その他AI-OCRを活用した請求書の取り込みや、勤怠情報のレポーティングも自動化できないか仕組みを考えているところです。

「今後はジョブカンとRPAを組み合わせ、より事務作業を自動化したいです。」

―ジョブカンのおすすめポイントを教えてください。

勤怠管理もワークフローもシンプルで使いやすいです。導入から運用まで1週間程度でしたし、導入ハードルが低いサービスだと思います。現在も経費精算は紙運用なのですが、いずれはシステム化したいと考えています。

―ありがとうございました。

1分間で登録完了!
すぐに30日間の無料お試しが可能です。

メールアドレスと基本情報で簡単に登録ができます