導入事例

完全フルリモート/自由出勤でもリアルタイムで勤怠管理が可能に!

株式会社Synergy Career

会社URL
https://synergy-career.co.jp
担当者名
岡本恵典様 代表取締役
  • 1~50名
  • インターネットメディア
  • 人材関連サービス

就活生の課題である「企業発信の情報に惑わされる」
弊社は、こんな就活生の課題を解決するために、就活メディア「就活の教科書」(https://reashu.com/を創りました。「就活の教科書」の強みは、現役の就活生(内定者)が原体験を元にコンテンツ作成をしています。現役の就活生自身の体験談を交えながら、次世代の就活生に価値ある情報を届けるために尽力しています。現在は累計2,500万PVの就活メディアに育ちました。これからもより多くの就活生に価値ある情報を届けます。

課題

  • 各自がGoogleカレンダーで勤怠管理していたため工数と負荷ががかかっていた
  • アナログで計算していたのでヒューマンエラーが起きていた
  • フルリモート出勤なので勤務状況を月半ばで確認できなかった

決め手

  • 操作方法が直感的で簡単だったこと
  • 打刻方法や他サービスとの連携も含めて、将来的に発展性を持たせることができそうだったこと
  • ジョブカンを聞いたことがあり安心感があったこと

効果

  • 出勤時間の計算の手間がなくなり、スムーズに給与計算まで行えるようになった
  • 自動集計してくれるのでヒューマンエラーが大幅に減った
  • 勤怠状況を実数でタイムリーに確認できるようになった

ジョブカンご導入前はどのようなご管理をされていましたか?

弊社はフルリモートで完全自由出勤なので、働きたいときに働く時間をGoogleカレンダーに入れてもらい、それを基に給与計算を行っていました。

どのような課題がありましたか?

勤務時間を集計する際に、従業員自身で勤務時間を計算していたので、工数がかかっていたのと人的ミスが発生していました。また月末にまとめて集計するので、月半ばで、どれくらい働いているのかの確認ができていませんでしたね。

ご検討の流れとしてはいかがでしたでしょうか?

従業員数が増えてきたので、勤怠システムの導入を検討していたのですが、ジョブカンは良く名前を聞いたことがあったので検討していました。ジョブカンともう1社で試験運用をしてみて、比較検討を行った末ジョブカンに決めました。

最終的にジョブカンをご導入いただいたわけですが、決め手は何だったのでしょうか?

トライアルで試験運用をした際に、UIが見やすく直感的に操作ができることが分かったことと、機能が豊富で拡張性があったことが決め手になりました。

現在のご運用方法としてはどのような形でしょうか?

従業員各自のパソコンで打刻をしてもらっています。月末に従業員が、各自で給与の計算を行ってくれるのですが、打刻した情報が自動で集計され、出勤簿に反映されているので、「とても楽になった」と言っています。また、進捗を管理するといった意味でも月半ばで出勤状況を管理者側で適宜管理しています。

導入後スムーズに運用ができましたか?

導入当初は打刻漏れが多く発生していましたね。ただ、従業員が慣れてくると打刻漏れも減ってきたので、今は問題なく運用できています。

勤怠管理に関して、導入して特に良かったなと感じられた場面などはありましたか?

月の途中で授業員の出勤の状況を確認できるようになったことが特に良かったです。

当社はフルリモートで完全自由出勤制なので、誰がどのくらい働いているかが分かりにくいことが課題でした。ですが、ジョブカン導入後は時間や場所を問わず、従業員の出勤状況を確認できるので非常に役立っています。

今後こんな機能があれば良いなというご要望はございますか?

打刻と一緒に業務の進捗を入力できたら良いなと思います。

最後に今後ジョブカンをご検討される皆様にメッセージをお願いします。

勤怠管理をシステム化するうえで、ジョブカンを選んで良かったと感じています。
コスト面に関しても月額で発生してくるものなので、非常に導入しやすいシステムだと思います!

ありがとうございました。

1分間で登録完了!
すぐに30日間の無料お試しが可能です。

メールアドレスと基本情報で簡単に登録ができます