導入事例

運送会社として管理が重要な残業も一目でわかるように!

カネミ運送株式会社

会社URL
http://www.kanemi-transport.co.jp/
担当者名
内野さま
  • 運輸
  • 1~50名

会社概要:カネミ運送は1977年10月に会社設立以来、関西圏で粉粒体輸送事業を行っております。主にセメントの輸送を行っていますが、それ以外にも様々な物体も輸送しています。

経営理念:進化する時代についていくためには、昔と同じことをしていてはだめです。特にここ数年では、社会の早い変化の波についていくためにキャッチアップしていかなければ、会社として残っていけません。会社としていろんな新しいことをやっていく中で、人が生きていくうえでのトータリティの構築を目指しています。

課題

  • タイムカード・手集計で手間が非常にかかった
  • 運転手と顔を合わせる機会が少ないので休暇申請などがスムーズに進まない

決め手

  • 時間外労働などの管理も簡単かつしっかりとできる
  • グループごとに異なる就業規則などを設定できること

効果

  • リアルタイムで従業員の勤怠状況が把握できるようになった
  • 時間外労働の管理が厳しい運送業界にとっては残業が一目でわかることは大きい
  • 各種申請がスピーディーに回り、しっかりと管理できるように

ジョブカン導入前はどのような方法で管理をされていましたか?

完全にタイムカードでの運用でしたね。時には、手書きの時もありました。もちろん作業は大変でしたね。また、申請などもドライバーさんたちと顔を合わせる機会が少ない分なかなかスムーズにいかなかったりと苦労していました。

どのようなご経緯でご検討を始められましたか?

もともと自身が務めていた会社から、現在の親の経営している会社に移ったのですが、その時に「昭和!!」という衝撃を感じたのを覚えています。そうした運送業界の遅れに対するギャップが大きかったですね。また、当時バスの事故などがあって、これから運送業における労働管理も時代が変わってくるだろうなというのも感じ、システムの導入を検討し始めました。

ご検討のうえでのポイントなどはありましたか?

社内の各グループの管理がしっかりとできるものを探していました。就業規則などが各部署や職種によって異なっているので、そうしたところに対応できることがポイントでした。また、特にドライバーさんに関しては時間外労働時間などをしっかりと管理しなければいけなかったので、そのあたりがいかに効率よく管理できるかもポイントでしたね。

ご導入に当たって苦労したことなどはありましたか?

もともと年配の従業員も多く、新しいことを取り入れることに反発もありましたね。社用携帯もガラケーだったのですが、スマホに入れ替えて、スマホの使い方の勉強会なども行いました。また、そのタイミングで若い従業員雇用することで、従業員同士の教えあいが進んでいきました。最初は大変そうだった従業員でも、今やもはや普通に使えてますね。

ご導入していただいてよかったなと感じるところなどありますか?

やはりなによりもリアルタイムで従業員の動きを見ることができるのはありがたいですね。運送会社として管理が重要な残業なども一目でわかって助かっています。また各種申請もすぐに申請が上がってくるので、スムーズに指示もできるようになりました。運送業界だと、特に現場の力も強いので管理職まですぐに申請が上がってくるようになって、しっかりと管理できるようにもなりましたね。

従業員さんからのお声としてはいかがでしょうか?

ドライバーは基本スマホ打刻にしているのですが、今や完全に便利なスマホ打刻になれてしまっていますね。タイムカードの打刻なんて今となっては考えられないくらいです。これがもうスタンダードですね。

ありがとうございました!

1分間で登録完了!
すぐに30日間の無料お試しが可能です。

メールアドレスと基本情報で簡単に登録ができます