導入事例

出勤簿の集計・不備修正作業にかかる工数が大幅に削減

宝塚商工会議所

会社URL
http://www.takarazuka-cci.or.jp/
  • 経済団体
  • 1~50名

「企業と地域の応援団」です。商工会議所は、日本の企業と地域を元気にしたいと願う民意の結晶から生まれた地域総合経済団体です。地域商工業者の世論を代表し、商工業の振興に力を注いで、地域経済の健全な発展に寄与しています。「創業」「経営革新」「事業承継」など経営指導員等による伴走型の経営支援から、各種事業を利用した複合的なパッケージ支援まで、ヤル気に『本気の徹底サポート』で応えます。また、宝塚で”住み” ”学び” ”働く”人々が「だいすき」と言えるまちづくりをめざし『だいすき宝塚』事業を推進しています。

課題

  • 年次有給休暇の消化日数や繰越日数を手作業で確認していた
  • 不備があれば、口頭で指摘し、各種届の提出を促すのに工数がかかっていた

決め手

  • コストがとても安価
  • ジョブカン給与システムとの連携がスムーズ
  • ペーパーレス化することによって業務効率の改善を図る。また、コロナ禍での在宅勤務でも打刻・勤怠管理が実施できる

効果

  • 出勤簿集計、不備修正の工数が減った
  • 出勤簿の自己管理ができるので、従業員の勤怠に対する意識が変わった

ジョブカン導入前は勤怠データを紙で管理されていた宝塚商工会議所様。確認や不備修正作業に工数がかかることを課題に感じていらっしゃいました。勤怠管理システムの選定ポイントや導入効果についてお伺いしました。

必要な機能に応じたコストしかかからないことが魅力的だった

「ジョブカン」導入前は、どのような運用方法をしていたのでしょうか。

出勤簿・休日出勤簿・年次有給休暇取得届などの各種届を、全て紙ベースで運用していました。そのため出勤簿のチェックや各種届が提出されているかを確認し、出勤簿と各種届を照合、有休の取得状況を手作業で確認する等、煩雑な作業が多くありました。

どのような経緯で、システム導入を検討されたのでしょうか。

当所の会員の皆様にも安くジョブカンを提供できるということからパートナー契約を締結しており、元々勤怠管理システムに関心がありました。その中で会員の皆様に安心して提供できるものなのか確認したいという思いから、まずはお試し利用しようという考えになりました。

給与システムに直接データを流し込めることも大きな魅力

導入を決めるにあたり重要視されたポイントは何だったのでしょうか。

1点目は、コストですね。必要な機能のみを選ぶことができるので、無駄なコストを支払う必要がなかったことが魅力です。2点目は、給与システムとの連携。ジョブカン給与計算に勤怠データをそのまま流すことができるので、スムーズに連携ができました。
3点目として、ペーパーレス化することによって管理や閲覧・検索に必要な手間を省き、業務効率の改善を図ること。また、コロナ禍での在宅勤務でも打刻・勤怠管理が実施できること。過去に初期設定段階で難しくて断念してしまったシステムもあったのですが、上司と相談しながら一緒にトライアル導入を行い、不安なく運用開始できました。

ありがとうございます。導入後の状況を教えてください。

毎朝、各々のPCマイページで打刻しています。出張や直行直帰・在宅勤務の場合は、GPS打刻をしています。緊急事態宣言中は在宅勤務に加え、時差出勤も取り入れていたので、シフト機能も活用していました。

業務が効率できた実感はございますか?

はい、あります。具体的には、出勤簿集計・不備修正の工数が格段に減りました。毎日行うことなので、月単位で考えると大きく効率化しました。

他に、導入をしてよかったと感じる場面はございますか?

勤怠の不備があった際ですね。不備があれば個人のマイページでの表示やメールで通知が届きます。通知がきた職員本人から勤怠について問い合わせがあるので、一人ひとりの勤怠への意識が高くなりそうな兆しを感じています。

従業員の方々の勤怠に対する意識改革は、職場の働きやすさにも繋がりますね。
ありがとうございました。

1分間で登録完了!
すぐに30日間の無料お試しが可能です。

メールアドレスと基本情報で簡単に登録ができます